私は高校から大学の2回生にかけ、多くの小説、詩集、随筆などを読み漁りました。無料エロゲー

また哲学や宗教書も読みました。プロミス 在籍確認

自分の生き方を探していたのでしょうか、理系でありながら、こうした読書にもはまっていました。ビッチが田舎にやってきた 2

読書し、深く考える事で、自我を確立していった様に思います。看護のお仕事

世の中に流されるように生きている若者たちとは、一線を画していると自負していました。津村泰彦のウクレレ講座

高校の友人達には、そうした種類の仲間が沢山いました。ライフ下取り

私が特に惹かれて読んだのは夏目漱石でした。平田和生の株ドカン(評価・検証・レビュー)

漱石といえば「坊ちゃん」を読んだ人は多いでしょうが、その後の作品こそ読むべきものです。青の花茶 味

「三四郎」「それから」「門」という三部作やその後の「こころ」は知識人の虚無感やニヒリズムというものを知り、影響を受けました。任意整理の弁護士費用

その後、大学を卒業し、エレクトロニクスエンジニアとなった私には、仕事で触れる最先端の技術と、こうした知識人の虚無感が奇妙に同居していました。ブライダルエステ@名古屋駅近くの体験人気ランキング

必死に技術の分野で働きながらも、技術馬鹿にならなかったのは、こうした読書から得た心情があったからだと思っています。