想像できずにいきなり起こってしまうのが乗用車の事故です。

この状況でどんな処理する結果がポイントとなり、車の保険料の受け取りもかなり大きく変化する時もありますので間違えない判断力と行動が大事です。

思いつきもしないアクシデントにあって気が動転してしまうと事を忘れてしまい、後々大損をする場合もあるので自動車の事故をしてしまった時には正しく以下に記述した作業を行いましょう。

自動車の事故の遭遇した時に一番初めにするべきは負傷した方の状況の確認です。

車の事故の後は頭が混乱して虚脱状態になってしまう場合がありなかなか行動できないのが当然です。

ですので、負傷した人がいたら危険ではない地点に移して応急手当をし、119番通報するなどして救助の最優先を心掛けましょう。

119番に連絡する時にははっきりと事故現場を知らせ、不明な状態では辺りのよく知られているお店や交差点名を伝えて事故の現場の住所が判断できるようにします。

その後で警察に知らせ自動車事故を起こしてしまった事、現在の状況を伝えます。

救急車とパトカーの到着を待っている時間に相手側の身元を調べます。

姓名、住所、TEL番車のナンバー事故相手の自動車保険会社名等各々の情報を言います。

この時相手に原因がある状況ではすぐにやり取りしようとする場面がよくありますがその場で処理するのではなくどういった場合だとしても警察や保険の会社に届けチェックしてもらうようにしましょう。

各々の情報を交換したら交通のじゃまにならないために妨げとなる物道路の上からどけます。

もしも障害物が他の自動車の障害物になっている時は、お互いの情報の交換をする以前にこれを完了させても問題はないです。

次に自身の加入している車の保険会社に連絡を入れ、事故があった事を告げます。

自動車の事故から一定の時間の内に自動車の保険会社に電話を入れておかないと自動車の保険の適用除外とされる場合も考えられるので気がついたら早く行動することが欠かせません。

可能であれば様子として、携帯電話のカメラなどを用いて事故や愛車の破損の状態の写真を写しておきます。

その写真は落ち度の割合決定する重要なデータとできますのであなたの乗用車や先方の車の破損を全て証拠として残しておくことが重要です。

その時に他の人がいれば警察の方や自動車保険会社の人が到着するまで一緒に待ってもらうように依頼するのも忘れないようにしてください。