吉野家とすき家の牛丼、松屋の牛丼では、持ち帰り弁当のときに盛り方が違います。吉野家とすき家の場合には、そのまま牛を飯の上に乗せています。松屋の場合には、そのまま牛を飯に乗せるものと、牛と飯を分けるセパレートが選ぶことができます。 セパレートにすると、飯に牛の汁が染みこまない分、長持ちがしてあっさりと食べることができるから好みです。 松屋の場合、通常は牛丼には味噌汁が付きますが店内のときのみで、持ち帰りのときには味噌汁は付きません。 松屋では現在牛めしバーガーを80円引きで販売しており、お持ち帰り限定となっています。見た目ではあまりおいしそうな感じがしないためおすすめするものでありませんが、安くしているときです。これは2013年2月からスタートした新商品となっています。これまで牛めしバーガーを注文して持ち帰っている客を一人も見たことがありませんが、発売から9ヶ月も経過しているため、きっと売れているところでは売れているのでしょう。